ぱうえるの雑談屋

日々の生活のとりとめのない雑談をゆったり紹介

読書生活

春休みで時間が余った

三月に入り、ついに待ちに待った春休みがスタート!!!!

勉学から解放されて、なんでも自由に過ごせる日々がついにやってきました!

例年ならば、長期休みに一回は遠出して旅行をしたいところではあるが、昨今のコロナ下であるから、そんなこと不用意にできはしない。

それに伴って楽しみや、日々のやる気も減退してきてしまった。何をするにもやる気や目標が消え去り、ただただ時間が浪費されていく。

どうしよおおおおおおおおおおお!!!!!!

どこにもぶつけられない焦燥感が、日を追うごとに高まってきた。何かしようとは思いつつもついついスマートフォンに手が伸び、気づけばインスタ、ツイッター、ライン、ゲーム・・・。自分で言ってて恥ずかしくなるほどクズみたいな生活であった。

これはダメだ。クズだ。最悪だ。

そこから何か始めねばと思い、まず始めたのは映画鑑賞。

 

映画鑑賞

「若いうちはインプットだ」なんて意識高い系の人物が言っていたのを思い出し、ぱっと見で面白そうな映画を見漁り始めた。

これまでも動画配信サービスを使って様々なジャンルの映画を見てきたが、勉学に追われて映画の優先順位が後退して言った。

好きなものだったので、すごく楽しく鑑賞できた。・・・のもつかの間。

なかなか2時間以上の空き時間の捻出が難しい。

バイトや遊びの予定があるからというのもあるが、それと同じくらいに家事に追われる。

集中して座ってられないなあ・・・。僕だけもしれないけれど。

 

次、読書。

今まで全くやってこなかった読書に手をつけてみた。

活字を読み続けるなんて考えられない。そう思っていた。

何を読んでいいのかわからず、とりあえずタイトルは知っている名著から手を出した。

初めはなかなか苦しい。

集中できない。内容は面白いものの「あと〇〇ページもあるのか・・・。」と思うと絶望する。

でもこれは自己を高めるための修行だと思い直し読書再開。

1冊目「君たちはどう生きるか」読破。およそ一週間の戦いであった。(二月終わり頃から読み始めていた)

2冊目「人を動かす」読破。内容が面白く三日で読破。

3冊目「20代にしておきたい17のこと」読破。200ページほどしかなかったので1時間半ほどで読破。17つがそれぞれ短くまとめられているので、隙間時間での読書が楽だった。

4冊目「話し方で得する人、損する人(?)」読破。これも20代にしておきたい〜同様に短い本だったので、1時間と少しで読破。名著かわからなかったが図書館にあったので読んでみた。自分の話し方の良くない点があまり根拠なく指摘されており、少しだけ不快だった。こういう考え方もあるんだと勉強になった。

5冊目「必ず食える1%の人になる方法」読破。これまでと方向の違う自己啓発系の本だった。パチンコは生涯しないと心に誓った。

 

今のところ以上である。オーディオブックで「思考力」という本を読んだ。英文学を学ぶ自分は考えて行動してきました感、人とは違うことをしてえらいだろうという筆者の意図を想像してしまい、素直に受け止められなかった。が、内容は勉強になることが多く、一読の価値ありだろう。今は「嫌われる勇気」を聞かせてもらっている。本自体が対話形式なので、聞いていて一種のドラマのようなワクワク感があり、飽きない。今までにない発想の嵐で、魅力的だ。これについてはここでは書ききれないほど感銘を受けたので、また他の記事にすることにする。

 

最後に

活字嫌いの自分がここまで読者ができるだなんて想像もしていなかった。

いまでは隙間時間を見つけると本を手にするようになっていた。面白い。本当に面白い。

これまでを悔やむくらいにはどハマりしている。

もしおすすめの本があれば教えていただきたいし、読書に踏み込めない方々には、騙されたと思って一度本を手に取り、歯を食いしばりながら3冊ほど読みきってほしい。

3冊も読めばきっと、次々と本が読めるようになるだろう。

これからも読書生活を楽しんでいきたい。

読んでくださりありがとうございました。